メガネ

メガネ屋ミルヒトの取扱ブランド,komorebi eyewear(コモレビ アイウェア)のご紹介

この記事では,メガネ屋ミルヒトさんの取扱ブランド,komorebi eyewear(コモレビ アイウェア)をご紹介しますよ

けい
けい
komorebi eyewear(コモレビ アイウェア)ってどんなメガネ?

その悩みを解決するのがこの記事です

この記事を読めば,komorebi eyewear(コモレビ アイウェア)についてわかりますよ!

ミルヒト yuichi toyama メガネ 外山雄一 レンズ フレーム
メガネ屋ミルヒトさんがオープン!取扱ブランドはこちら この記事では,メガネ屋ミルヒトさんの取扱ブランドやそれぞれの魅力をご紹介しますよ メガネに関してズバ抜けた知識と技術を持つ水谷店...

komorebi eyewear(コモレビ アイウェア)

ミルヒト メガネ komorebi ドイツ クルト テオ レンズ フレーム

△独創的でファッション感覚に優れるkomorebi eyewear(コモレビ アイウェア)はベルギー発

テオというベルギーの著名ブランドで20年間デザイナーをしたティ・ヴァンデンブルッケさんが立ち上げたブランドがkomorebi eyewear(コモレビ アイウェア)です

日本語の木漏れ日から発想を得ているため,カラーリングは木漏れ日に当たったような色合い

水谷店長
水谷店長

僕がkomorebi eyewear(コモレビ アイウェア)がすごいと感じるのはそのデザイン,感性ですね

見たことのないレンズシェイプやつくりで,シックなカラーでまとめているのが最も好感が持てます

それでいてチタン製というのが恐ろしいという感覚です。しかも色剥げがしにくいコーティング!

クルトさんという,元テオで日本大好きスーパー営業マンと繋がりがあるミルヒト水谷店長だからこそ取扱いできるブランドです

というのも,愛知県でkomorebi eyewear(コモレビ アイウェア)が手に入るのはミルヒトだけ!

メガネ屋ミルヒトさんの店舗情報はこちら この記事では,メガネ屋ミルヒトさんをご紹介しますよ 格安量販店メガネ屋じゃないところでしっかりしたメガネを作りたい… その...

メガネの資格制度がしっかりしている欧米では数年に1回,レンズに保険が適用されるので支払うのはフレーム代のみ!

そのため国民はメガネを複数所有して楽しんでいます

自ずとメガネがカルチャーとして根付き,感性豊かでオシャレなフレームデザインが生まれやすくなるという「良いサイクル」ができているんですね

なぜベルギーのブランドがチタンを採用したのか聞きそびれましたが…メガネを長く使いたい日本人としてはチタンフレームは嬉しい限りですね

ドイツで数社しかないと言われるチタンフレーム取扱い工場でkomorebi eyewear(コモレビ アイウェア)のメガネフレームが作られています

チタンフレームに関してはこちら↓

999.9 フォーナインズ フレーム レンズ メガネ
フォーナインズ(999.9)フレームの秘密はこちらこの記事では,999.9(フォーナインズ)をご紹介します 999.9(フォーナインズ)ってなんだか高いメガネのイメージがあって,よ...
ミルヒト yuichi toyama メガネ 外山雄一 レンズ フレーム
メガネ屋ミルヒトさんがオープン!取扱ブランドはこちら この記事では,メガネ屋ミルヒトさんの取扱ブランドやそれぞれの魅力をご紹介しますよ メガネに関してズバ抜けた知識と技術を持つ水谷店...
ABOUT ME
けい
けいと申します! このブログでは,みなさんの役に立つ情報やモノを紹介していきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください