サウナ

サウナでととのう!正しい入り方まとめ

この記事では,サウナでキマるととのう入り方をまとめています

けい
けい
サウナで気持ちよくなれるらしいんだけど全然気持ちよくならん…

その悩みを解決するのが,サウナでととのう(気持ちよくなれる)入り方をまとめたこの記事です

この記事にまとめたサウナの入り方をすれば,ととのう可能性がグッと上がりますよ!

サウナの正しい入り方

サウナ 効果 入り方 水風呂

サウナでととのう入り方

  1. サウナ10分
  2. 水風呂2分
  3. 休憩10分

上記を1セットとし,これを3セット繰り返します(交互浴とか温冷交代浴と呼ばれています)

この最中にととのう感覚が起こります

休憩中が最も多く,次いで水風呂中で,サウナ室でととのうことはまずありません

意外に思われるのが,サウナ好きにとってメインディッシュは水風呂であり,休憩がデザート!サウナは前菜です

サウナは超キモチイイ水風呂に備えて蒸されている準備段階であり儀式ですね

ジワジワと汗をかき,体が水風呂を欲するのを待っているのです

サウナに入る前準備

サウナ 効果 入り方 水風呂

ブログなどでお店のルールを理解しておく

初めてのお店などで,勝手がわからないとサウナに集中できずととのいません

落ち着いてサウナに入れるよう情報収集をしておきましょう

水分・ミネラル補給

1回のサウナで300mlほどの汗がでると言われています(R

家を出る前に水分とミネラルの補給をしておきましょう

体を洗う

サウナに入る前に体を洗いましょう

公衆のお風呂の基本的なマナーであり,発汗しやすい体つくりのためにも必須ですね

湯船につかる

サウナに入る前にお風呂に入ることで,サウナで汗が出やすくなります

すると水風呂の爽快感もアップしますのでオススメです

深呼吸やストレッチ

深呼吸やストレッチを行うことで,リラックスしてサウナに入ることができ,ととのう可能性が上がります

サウナに入る前は食事・飲酒を控える

サウナ 効果 入り方 水風呂

サウナは食後1~2時間経ってから

けい
けい
お腹いっぱいでぐるじい…

食後の満腹状態でサウナに入っても気持ちよくはなれません!

マッサージでもなんでも,お腹いっぱいだと意識がお腹にもっていかれてしまいますよね

食後は消化のために血液が胃や腸などの消化器官に集中するのですが,サウナ(お風呂含む)に入ると集中していた血液が分散されてしまい健康上にも良くないのです

けい
けい
お腹空いた状態でサウナ入るの耐えられない…

その場合は,ご飯を食べてから1~2時間経ってからサウナに入りましょう

酔った状態でサウナに入らない

酔った状態でサウナに入るのは危険です

ただでさえ心拍数が上がるサウナなのに,飲酒で心拍数が上がった状態でサウナに入るのは体に負担がかかりすぎます

過度な疲れ,興奮状態を平常にしてから

めちゃくちゃ疲れていたり興奮度が高いときにサウナに入ってもととのいません

椅子に座って15~30分ほど休憩してからサウナに入りましょう

かけ湯・ふき取りをしてからサウナに入る

かけ湯をして,体の汚れを落としてからサウナに入りましょう

下の記事にも書きましたが,発汗を促すためには体を洗ってからサウナに入るのがベストです

サウナ 効果 入り方 水風呂
サウナと水風呂で整う!ヒートショックに気をつけて楽しむ方法はこちら この記事では,サウナと水風呂で整う・ 楽しむ方法をご紹介します その気持ち,わかります!ぼくも水風呂が冷たくて入れなかっ...

ときどき体から水滴を落としながらサウナに入ってくるアンチマナーな方がいらっしゃいます

体が濡れたままサウナに入ると,その水分の気化熱で体が冷やされてしまい,サウナの効果を得にくくなりますのでしっかり体を拭いてからサウナに入りましょう

サウナに入ったらラクな姿勢で10分

サウナ 効果 入り方 水風呂

中~上段のベンチで,汚さないように

サウナに入ったら中~上段のベンチを目指しましょう

空いていて余裕があれば横になるとラクですが,なかなかその機会は無いので,座っているベンチに足を置くといいです

自分の汗でサウナを汚さないように,大型のバスタオルを持ち込めるとベストです

15分以上サウナに入ると逆効果

サウナに入るとついガマン大会をしたくなりますが,サウナに15分以上入ると帰って疲れてしまうと言われていますので,10分程度でOKです

また,温度の低い下段のベンチに長時間いるよりも,温度の高い上段で短時間で汗を流すほうが心臓等の体への負担が少ないと言われています

サウナ室を出たら外気浴か水風呂。お湯は避ける

サウナ 効果 入り方 水風呂

サウナを出たら外をゆっくり歩く外気浴がベストですが,都心部では難しいですね

そんなときは水風呂を利用しましょう

かけ湯ならぬ「かけ水」を,手足の先の方から心臓へ,最後に顔や頭に水をかけて汗を流しましょう

水風呂に慣れていない人がかけ水をすると心が折れるので,かけ湯でOKです

その後に2分ほど水風呂に入ります

「水風呂に慣れていないから」とジワジワ入ろうとすると,水風呂に入ることを脳が抵抗してくるので,ザブンと全身で入ってしまって10秒数えましょう(心臓が弱い方はムリしないでね)

「意外と大丈夫かも」と思えるはずです。ムリだったら出ましょう

水風呂で体を動かすとメチャクチャ冷たく感じるので,あまり動かずに深呼吸しましょう

ゆっくり息を吐くことで冷たさが軽減されます!

水風呂は17℃に設定されているところが多いです

けい
けい
水風呂に潜ると気持ちいいよね!

その気持ちよさはわかりますが,衛生的にオススメしません(ろ過器で循環殺菌消毒濾過はされていますが…)

水風呂に寒気を感じるほど入る必要はなく,気持ちが良いくらいに体が冷えたら水風呂を出て体を拭き,サウナに入りましょう

このサウナと水風呂の交互浴,そして休憩を3回くらい繰り返すのが標準的な入り方です

サウナを出てからお風呂に入るのは心臓に負担がかかりますので避けましょう

休憩でととのう

サウナ 効果 入り方 水風呂

水風呂から上がったら,冷えを防ぐために体を拭きます

イスやベンチに座り,目をつぶって深呼吸します

瞑想をする要領で休憩すると,ととのう感じがします(体がジンジンしたり,脳が揺れる)

https://notebooks-lifehacks.com/meditation/

体を洗ってから休憩室へ。水分摂取して湯冷めに注意

サウナ 効果 入り方 水風呂

サウナ3セットが終わったら,ボディーソープで体を洗い,水風呂か冷たいシャワーで毛穴を引き締め(湯冷め防止),休憩室で休みましょう

布にくるまって横になり粗熱を取る

サウナでほてった感覚があるため油断しがちですが,予想以上に体は冷えていくので,乾いたバスタオルなどにくるまって横になりほてりを取ります

ほてりが取れる前に服を着て帰ると,汗が冷えて風邪をひく可能性がありますので注意してください

水分摂取はサウナが終わってから。ビールはNGだ!

サウナでは大量の汗をかきます

このときに老廃物が排出されるのですが,同時にビタミンやナトリウムも流出してしまいます

日本人は塩分摂取量が多いので,わざわざ塩を舐めるようなことをする必要はありませんが,フレッシュジュースなどを飲み水分とビタミンを補給しましょう

また,これは個人の判断を重視してほしいのですが,サウナの入浴時にこまめに水分を摂取するとすぐに汗となってしまうために,腎臓など内臓の老廃物が排出されなくなってしまうという話もあります(R

一方,サウナにデトックス効果はない!という話もあり(R),ここは各自「サウナ デトックス」で調べて判断して頂きたいところです

けい
けい
個人的には水分補給を怠ると脱水症状で頭が痛くなるので…こまめに水分摂取をオススメします!

カラッカラの喉にビールがしみる!という気持ちもわかりますが,アルコールの分解には水分が必要ですので,余計に水分不足になってしまいますからビールなどのアルコール飲料は控えてくださいね

正しいサウナの入り方で得られる効果

サウナ 効果 入り方 水風呂

サウナに正しく入ることで以下の効果が得られます

  • 疲労回復
  • ストレス解消
  • 美肌
  • 免疫力アップ
  • 快眠
  • 冷え性改善

などなど

サウナの効果について詳しく知りたい方は以下の記事が参考になります!

サウナ 効果 入り方 水風呂
知らなきゃ損!サウナの効果まとめ! この記事では,知られざるサウナの効果をまとめています その悩みを解決するのが,サウナの効果を調べてまとめたこの記事です ...

まとめ:正しいサウナの入り方でととのう

サウナ 効果 入り方 水風呂

サウナに入る前に

  • 水分とミネラルの補給
  • 体を洗う
  • 湯船につかる
  • 体を拭く

サウナの入り方

  • 中~上段で10分
  • リラックスした姿勢で
  • ムリをしない

水風呂の入り方

  • かけ水・かけ湯をしてから入る
  • 2分入る
  • 潜水しない
  • 寒くなる前に出る

休憩のしかた

  • 体を拭いてからベンチに座る
  • 目をつぶって深呼吸する
ABOUT ME
けい
けいと申します! このブログでは,みなさんの役に立つ情報やモノを紹介していきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください