ライフハック

子どもにかかる費用まとめ

2人暮らしにかかる費用を書いていて

『じゃあ子どもを育てるのはいくらかかるんだろう…?』

と疑問に思ったので調べてみました

 

よく

『育児はお金がかかる!』

という声を聞きますが,具体的に

なににいくらかかるのか

というのを知らなかったので,調べた結果を数字としてまとめてみました

参考サイトはこちら

 

結果

子ども一人あたり

3000万円かかるよ

ヤベェ…

 

スポンサーリンク

内訳

得意のエクセルおじさん

こんな感じになりました

子供 費用 年間 生涯 年収 月々 一人 貯金 トータル

 

拡大

子供 費用 年間 生涯 年収 月々 一人 貯金 トータル

最安ルートの

すべて国公立

というエリートコースでも2651万円です

奨学金制度の利用など,すべて親が負担しないやり方もありますがここでは必要なお金の計算ですのでどう賄うかはまた別の話ですね

 

調べてよかった

漠然と

『子どもはお金がかかるんや…!』

程度の知識でしたが,今回調べてみて,子どもにかかる費用は

教育費

養育費

の2つに分けられることすら知らなかったので勉強になりました

せっかくExcelデータ作ったのでダウンロードできるようにしておきます

こちら

子育てにかかる費用.xlsx

 

子どもの選択肢を狭めたくない

なんで彼女もいないのに(書いてて虚しい),銭金の計算してるかっていうと,将来じぶんに子どもができて,その子が何かを学びたい,なにかを身につけたいという姿勢を見せたときに

『うちにはそんなお金は無い』

という一言で子どもの可能性を摘み取ってしまう親にはなりたくないなーと幼いころから思っているからです

 

あとは

大卒向け

とか

第二新卒向け

など,大学を出ていないと就職出来ない会社が世の中にはたくさんあり,お金が無いとスタートラインにすら立てない。大学に行く余裕が無い家庭の子はいきなり不利になってしまうんですね

大学に行くことが全てではありませんが,それは避けてあげたい

 

大卒至上主義って,貧困が遺伝してしまい経済格差が一向に埋まらないという

『それでも先進国かよぉオオン!?」

という疑問を抱いてしまう状況を作り出している気がします

 

脱線しましたが,とにかく経済的理由でじぶんの子の人生の選択肢を狭めたくないのです

そのためには計画性が無いとダメなわけです

行き当たりばったりな人生ではそれは難しいですからね

というわけでエクセルおじさんが頑張ってみたのです

 

 

いやー今日はいいこと言った!きっとぼくの株も爆上げ!

 


きょうはそんなとこ!おわりっ!
今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます
こうや けい がお送りしました
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!

 

ABOUT ME
こうや けい
みなさん初めまして!こうや けい と申します このブログでは,雑記や,みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上につながる世の中にあるイイモノを紹介していきます!