一陽軒

一陽軒でメンマをムシャムシャしよう!

この記事では,一陽軒をご紹介しますよ

有名店やチェーン店のラーメン屋は入りやすいですが,入ったことのないラーメン屋は入るのに抵抗がありますよね…

その悩みを解決するのが,ラーメン屋一陽軒についてまとめたこの記事です

この記事を読めば,一陽軒に行きたくなりますよ!

第一旭 ラーメン ロース肉 チャーシュー麺 一宮
おすすめなラーメン屋まとめこのページでは,おすすめなラーメン屋さんをまとめています ラーメン屋さんってそこらじゅうにあって,どのラーメン屋さんにすればいいか...

一陽軒の駐車場情報

最寄り駅は鶴舞線塩釜口駅2番出口ですが駐車場があったため,まとめておきます!

一陽軒 ブログ メンマ

一方通行が多いので注意

わたしは地図見ることなくイッパツで第二駐車場に行けました(野生の勘)

 

一陽軒 ブログ メンマ

△まずは一陽軒の横の駐車場

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒の前の駐車場

 

一陽軒 ブログ メンマ

一陽軒の第2駐車場への案内

一陽軒の東側50mくらいのところにあります

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒の第2駐車場はここだ!

一陽軒に入店

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒はけっこう新しいお店ですかね?

きれいです

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒が自家製麺の証

そば屋でこういう外観を見ることはありますがラーメン屋でこういった外観は珍しいですね

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒は内装もきれい

扉はトイレの扉です

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒は厨房もピカピカだ!

店長に「いつ頃開店しましたか?」と聞いたところ,4年前とのこと

「メッチャ綺麗ですね!」と言ったら「スタッフのおかげです!」と満面の笑みで答えてくださいました

褒められたら下の者の手柄にするとか素晴らしい店長やでぇ…

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒人気No.1の特上味玉(¥1050)を注文

いま気付いたけどこのお店のメニュー全て特上を冠している!覚悟を感じますね

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒の説明

読んでるだけでよだれ出ますよね

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒のおしぼりはセルフです

こういったセルフサービスに難色を示す方がまれにいますが,客側がある程度協力するからこそ受けられるサービスには感謝ですね

セルフサービスを一切無くしてフルサービスにしたら商品価格に全て跳ね返ってくることを考えると,食券やらおしぼりやらに文句言う気など起きない(貧乏)

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒でおとなしく5分待ちます

お腹が空いているからってソワソワしてはいけません

イライラしてもいけません

 

一陽軒 ブログ メンマ

△その間に一陽軒流の食べ方を予習しておきましょう

  • まずはそのまま
  • 次に辛みダレ
  • 最後に酢

 

以上鉄の掟です

 

一陽軒 ブログ メンマ

△一陽軒来たでおい

ウマそう

 

一陽軒 ブログ メンマ

△ノリには一陽軒の名入りです

遠慮なくズバります!

ラーメンはうまいなぁ

 

一陽軒 ブログ メンマ

こってり系ですね。麺がいままでで一番モッチリしています!感動的

ネギもシャキシャキでうまい!歯に挟まると取れないくらい繊維が強いです

チャーシューもわたしが苦手な脂身がなくクサミもなくうまいです

味玉もよく味が染みていて,かと言って染みすぎて辛いこともなくいいですね

そしてメンマ! これはうまい!厚切り!

厚切りなのにとてもやわらかく,メンマ独特の嫌な匂いがせず,スープによく合う!

 

一陽軒 ブログ メンマ

△思わずメンマ追加

390円で山盛りのメンマが食べられます

 

一陽軒 ブログ メンマ

△鉄の掟を守りましょう

辛みがまたこってりに合うなぁ~

酢でまろやかになるのも最後の一口にいいですね

一陽軒の店長のお話

いろいろ話をお伺いしました!

実は店長,好陽軒という名古屋で有名なラーメン屋の息子さんです

お父さんのもとで修行したかと思いきや一度も働いたことはなく

「自分のオリジナルなラーメンを作りたい!」という思いから

  • 福岡の一幸舎
  • 東京の一本気

 

というお店で修行されたのだそう

両店の”一”とお父さんのお店の”陽軒”を頂いて”一陽軒”というお店の名前にしたそうです

西日本と東日本ではスープをとる骨の使い方,スープのとり方が全く違うんだとか!

好陽軒のあっさりに対して一陽軒はこってりなため,お父さんに

「水と油だ」

と冗談っぽく言われるのだとか

親子で仕事の話ができるというのは羨ましくもありますね

名古屋市天白区という,学生街にあるお店ですが単価が高いため社会人のお客さんが多いんだそう

このあたりはラーメン激戦区のため3年で4回変わるお店もあるそうですが,一陽軒さんにはぜひ続いてほしいですね!

一陽軒から脱線して飲食店のお話

そういえば飲食店の経営に関してこんな記事がありました

廃業が後を絶たない飲食店の傾向を探る

開業3年で約7割が廃業し、10年後も営業している店は1割程度

飲食事業は参入障壁の低いビジネスであり、誰でも比較的簡単に開業することができます。情報誌やインターネットを見てもわかるように、個人店・チェーン店に関わらず、新しい飲食店がどんどんオープンしています。

しかし、その廃業率は非常に高く、1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%。合計すると49.7%となり、約半数の飲食店が2年以内に閉店しているというデータもあります。

さらに、開業3年では約7割が廃業し、10年後も営業している飲食店はわずか1割程度と言われています。つまり、「どんどん新店舗がオープンする一方、どんどんつぶれている」のが、飲食業界の実態です。

(livedoor news)

つまり4年めの一陽軒さんは30%の貴重なお店なんです!

続くお店って確実にお客さんの方を向いてますよね

それを徹底しているなぁと思ったのが,お客さんが食べ終わってどんぶりをカウンターに乗せると

「ご協力ありがとうございます!」

席を立つと

「ありがとうございました!またお待ちしております!(90度お辞儀)」

というのをハキハキと,そしてこれに驚いたんですが店長とスタッフが息ピッタリに言うんですよね。感動レベル

みんなも一陽軒さんでおいしいラーメンとメンマを食べて感動的なあいさつを聞こう!

第一旭 ラーメン ロース肉 チャーシュー麺 一宮
おすすめなラーメン屋まとめこのページでは,おすすめなラーメン屋さんをまとめています ラーメン屋さんってそこらじゅうにあって,どのラーメン屋さんにすればいいか...
ABOUT ME
けい
けいと申します! このブログでは,みなさんの役に立つ情報やモノを紹介していきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください