Amazonよいもの記事

KindleAudibleでなくても書籍音声化!Kindle書籍をSiriに読んでもらう設定方法の紹介

iPhoneやべぇ

なんと通常のKindle書籍を音声で聞く方法があります

友人から聞いたのですが度肝を抜かれました

まずはこれを見てくれ


ヤバない!?

21世紀来たでおい

 

さっそく設定方法の紹介

ちゃちゃっと紹介します

設定

 

一般

 

アクセシビリティ

 

スピーチ

 

画面の読み上げをオンに

読み上げ速度は真ん中より少し早いくらいがオススメです

読み上げ速度の設定はKindleをSiriで読み上げ中にも変更できます

 

 

日本語

 

ぼくは女の子大好きですがSiriは男性がオススメです

 

設定はこれだけ

 

スポンサーリンク

指2本スワイプで未来が開ける

Kindleを立ち上げましょう

購入済のお好きな本を開きます

まずは設定で文字を最小にします

 

文字を小さくする理由は,Siriの読み上げ中,ページ移行時に発生してしまう”間”を極力減らすためです

 

そして読んでほしいページを開いて指2本画面上から下へスワイプ

襲ってくるのは『iPhone SUGEEEE!』という感動です

 

スポンサーリンク

快適に音声読み上げを利用するために

AirPodsを買う

 

とりあえずこれ買って。iPhoneとの連携最強だから

 

巷では付けている姿を

耳からうどん

などと揶揄されていますが,一度使ったら有線イヤホンや他のBluetoothイヤホンには戻れません

  • 耳につけた瞬間に自動でイヤホンの電源オン
  • 耳から外した瞬間に自動で電源オフ
  • ケースにしまうと自動充電
  • 片方だけでの使用可
  • もちろんマイク付きなのでハンズフリー通話も可能
  • 意外と外れにくい

最強では!?

とにかく楽チンです。世界が変わります

 

Kindle画面を表示しっぱなしにする

電源ボタンを押して画面が真っ暗な状態やロック画面等,Kindleの画面以外ですとページ送りがされません

ぼくはKindleアプリを立ち上げて画面を消さずにそのまま尻ポケットにつっこんで利用しています。Siriだけにね!HAHAHA

モノが画面に触れるだけではiPhoneは反応しないので大丈夫ですよ

画面表示しっぱなしですと電池が減っていきますので,Kindleの設定で画面表示の明るさを下げて節電しましょう。ポポポポーン!

 

もし次のページを読んでくれなかったら

Siriのご機嫌をとりましょう

ウソです

Kindleの画面は表示されているか?

ホーム画面やSafari等,ほかの画面を表示していると次のページを読んでくれず,止まったり,同じページをまた読み始めたりします

 

タップしてみる

Siriが読んでくれているときに,Kindleの書籍ページが表示されている状態で真ん中あたりをタップして上部にメニューを表示させ,再度画面をタップしてメニューを消す

という動作をすると改善することがあるようです

 

スポンサーリンク

気になった点

英語読みが笑えるレベル

例えば,文中にある

『Win-Win or No Deal』(ウィン ウィン オア ノー ディール)

という表記が

『ルーキャンウィンアンルーキャンウィンオーノーディオー(早口)』

と読み上げられて

『今なんつった!?』

と全く理解出来ない状況に陥ります

 

漢字の音読み・訓読みが甘い

日本語特有の問題ですね

依存心(いそんしん)を(いそんごころ)

と読んでしまったりします

まぁ伝わるので問題ないレベルです

 

読書に慣れていて読むのが早い人よりは読み上げ速度が遅い

Siriに読み上げてもらいながら文字を目で追ってみたんですが

目で読んだほうが早い

ってことに気づきました

じぶんの読むスピードに合わせてSiriの読み上げ速度を上げてみたら

気が狂うかと思った

もう超早口なの

ウーマンラッシュアワーの村本より早口なの

 

スポンサーリンク

それらのデメリットを超越するだけのメリット

有史以来,視覚を使って文字情報を得るということが常識でした

それを聴覚を使って本を読めるようになったんです

マジで革新的ですよ

だって

  • 家事をしながら
  • 歩きながら
  • 自転車漕ぎながら(スピーカー使えばOK)
  • スマホが出せない満員電車内に揺られながら
  • 運転しながら

本に書いてある情報を得られる

って

もう革命レベル

ですよ

ウーマンラッシュアワーの村本状態でも許しちゃう

 

読書量は増えたのか?

激増しましたね

平日の読書時間は会社へ向かう電車内で空いている時間の10分間と,帰りの電車内の20分

計30分

でしたが,Siriの読み上げ機能を使い始めてから

自宅から駅までの徒歩20分+電車内フルタイム20分+会社の最寄り駅から会社までの20分の計60分を往復で

計120分

読書量が4倍になりました

 

毎日読書に120分とか

デキる社会人ですね

なお休日はだらけてしまって本を読まない模様 ダメ人間!

 

というわけで

本を読むことが苦手な人もKindleとSiriを使って読書をしよう!

 


きょうはそんなとこ!おわりっ!
今日も、「のーとぶっく!らいふはっく!」に来てくれてありがとうございます
こうや けい がお送りしました
みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上のお役に立てれば幸いです!
ABOUT ME
こうや けい
みなさん初めまして!こうや けい と申します このブログでは,雑記や,みなさんのクオリティ・オブ・ライフ向上につながる世の中にあるイイモノを紹介していきます!